キャンパスニュース

2018.10.25 建築

デザイナーズチェアの模型を作る [合同選択科目・インテリア設計]

建築学科3年、建築工学科2年、建築設計科2年の合同選択科目インテリア設計授業では、
有名家具研究の題材としてデザイナーズチェアの模型を製作しました。

課題提出日には、実に様々なデザイナーズチェアの模型が集まり、
学生達の製作に掛けるこだわりと素材選びの創意工夫を大いに感じる作品ばかりでした。

上の写真の模型は、チャールズ&レイ・イームズデザインの超有名な『シェルチェア』ですが、
実際の座面はガラス繊維強化プラスチックでできているところを針金を使って上手く表現し、
『ワイヤーチェア』とはまた違う雰囲気に仕上げていて見事です。

提出後の作品鑑賞と投票の結果、圧倒的に票を集めた作品もイームズの『ラウンジチェア&オットマン』で、
ウッドシェル部分の曲線を驚くほど上手に再現していたところが皆に評価されたようです。
上位者のプレゼンテーションにも熱が籠っていて、聞く方の学生との一体感も感じる発表会でした。