キャンパスニュース

2018.11.15 デザイン

オフィスリニューアル計画[インテリアデザイン科2A]

インテリアデザイン科インテリアデザイン専攻2年生の授業「基礎製図」にておこなわれた、

「オフィスリニューアル計画」についてご紹介。

インテリアデザインを学んで2年目の彼ら彼女ら、、、

今回の課題は、「オフィス」。クラスの誰もオフィスを覗いた事がなかったため、

国内オフィス家具メーカー大手である株式会社イトーキ様に特別にご協力いただき、

オフィス見学をさせていただきました。

今回特別にご紹介いただけた場所は、「イトーキ東京イノベーションセンターSYNQA」という場所。

学生達は、自分がこの後、オフィス計画をするため、ミーティングルームやエントランスなど、

細部のデザインについて入念に見学、、、、という反面と、、、

慣れないソーシャルな場に、緊張が隠せない。。。

受付の女性が構えるエントランス、、、

若干照度が落ち、、演出的な雰囲気な階段や廊下、、、

しかしながら、イトーキご担当者様が優しく対応していただき、徐々に緊張感がほぐれていきます。

さらに、担当者のご配慮により、働いている執務エリアまで見学させていただけることに、、、、

高まる緊張の中、エレベーターを2階ほど上がる、、、、

※ここから先は撮影禁止だったため、文章にて表現させていただきます。

扉が開いた先は、まさにオフィス、、、、、?ちょっとカフェみたい?

ウッディーな床、電球色の間接照明、ワークデスクではなく巨大な食卓のようなテーブル。

目に優しいオフィスグリーン達。。。柔らかい、、、そんな印象。

硬質で、質素なオフィス空間のイメージが一新された瞬間でした。。。

社員の皆様の邪魔にならないように、通路上をはみださないように案内されながら進む。

箇所箇所で、説明を頂きながら、「これがフリーアドレスか!」と納得し始める学生達。

そんな特別で素敵な体感を経て、いざ計画が始めりました。

インテリアデザイン科は、建築をしません。

設定躯体を利用してその中身「インテリア」を計画していきます。

床壁天井の形、空間のボリュームなどを意識しながらエスキスを進めました。

「プロポーション」を意識した計画など、多くの良い作品が生まれました。

授業は「基礎製図」のため、「図面の描き方」の指導は徹底的におこなわれ、

しっかり描きこまれた展開図などもあります。

課題の中で、空間を表現をするために、「平面図」「展開図」など図面的なものはもちろん、

インテリアデザイン科2年生ともなると、「CGパース」をガンガン作成して表現していきます。

1週間に3コマという短い授業時間の中で、多くの学生たちが必死に講師教員に食らいついて、

課題を無事終了することができました。

今回、課題にご協力いただいた株式会社イトーキ様、本当にありがとうございます。

目で見て体感した経験が、プランの中にも活きたと思います。

インテリアデザイン科インテリアデザイン専攻2年生の今後に期待大です!