キャンパスニュース

2018.12.14 土木測量

技能五輪に出場しました!(㏌ 沖縄)\(*゚▽゚)/

まず初めに、技能五輪とは…

技術を必要とする職業へ就く若年者を対象とした大会の事。
様々な職種の大会が一斉に行われ、高校生から社会人まで23歳以下であれば参加することができます。

そんな技能五輪(競技職種:造園)に造園デザイン科からも2人出場しました!


11月3・4日技能五輪が開幕しました。
課題内容は区画内に指定された庭を造り上げること。


ただ植物を植えるだけでなく、木材でベンチを作り、石を積んで花壇を作り等々、課題は盛りだくさん!

制限時間内(2日間)どれだけ丁寧に造り上げることができるか審査されます。


写真右側の学生は、石割用の石材を必要な形に割っています。

上手くスパン!と割れると、観客から歓声が上がることもあり、ドヤ顔で石を割っていたんだとか。(笑)

 

~完成写真~

大会当日は天候が悪く、強風と土砂降りの雨の中作業を行うこともありましたが、無事時間内に作品を完成させることができました!

残念ながら入賞はできませんでしたが、自分達で作品を造り、プロの職人の技術を間近に見ることができました。
この数少ない機会で、学生達もそれぞれ得るものがあったのではないかと思います。

 

~練習風景~

技能五輪の本格的な練習は9月から放課後や休日を使って着々と行われました。
ときには夜9時まで行うことも

そんな2人の姿を見ていると、何だか我が子を見守る親のような気持ちになってしまいます…。|ョ・ω・`)チラッ・・・

 



~学生からひと言~
技能五輪に参加したことで、石の割り方、据え方、小端積みなど、新しい技術を学ぶことができました。
また技術だけでなく、使った道具の整理や、作業場を清潔に保つなど、細かい部分に気を配ることも学びました。
今回の経験で一人の職人として成長できたと思います!!!

2人とも本当によく頑張りました。
お疲れ様でした!( ´∀ )