キャンパスニュース

2018.12.20 スポーツ

就職ガイダンス

スポーツ健康学科1年生は12月19日(水)に就職ガイダンスをおこないました。

中央工学校就職指導課の鈴木先生より、「働く事とはどういうことなのか」、「その心構えとして今やらなければならない事は何なのか」などお話していただきました。皆リクルートスーツに身をくるみ、いつになく真剣な表情で話を聞いていました。

今回は3社の企業様に来ていただき、それぞれ「企業として求める人材とは」や「会社の説明」等をお話していただきました。こちらの写真は、株式会社BODY TUNING JAPAN様のDr.ストレッチというストレッチ専門店の現場で働くトレーナーの方が、実際にどのような仕事内容なのかを体験させてもらうという事も行いました。

通常、お客様に対しては1時間程度おこなうそうですが、今回は体験の為、1人5分ずつストレッチを受けさせてもらいました。

皆体が硬く、「うー」「ぎゃー」など叫んでいました。スポーツの学生なのだから、鍛えるばかりではなく、体のメンテナンスも必要だという事を身をもって教えられました。

今回お越しいただいた病院・ディサービス・保育園・老人ホーム・フィットネスクラブなどを展開されている北水会グループ様、幼児体育・健康体操などを展開され本校卒業生も数名お世話になっている、株式会社総合体育研究所様と3社お越しいただき「働く事とはどのような事なのか」を学べた1日となりました。本当にありがとうございました。

日々の積み重ねが今後いきてきます。自分の進みたい業界に就けるよう、1日1日を大切にしてほしいと思います。