キャンパスニュース

2019.01.16 土木測量

エクステリア その②


施工2回目です。
ここからはエリアごとにご紹介します。
画像は施工する住宅を真上から見た平面図です。
学生がデザインしたもので、これを基に庭を造っていきます。

今回は、四角で囲ったこの部分!

 


まずは、円形に平板を敷くために位置を決めます。


砕石(土台となる砂利)を敷いた後に仮置きしてみます。

すると、排水管と壁面に重なってしまう平板が出てきました。


重なる場所は印をつけ、


サンダーという機械を使ってカットします。
※サンダーはとても危険な道具なので要注意です!


平板を置く位置と水平に注意しながら、モルタル(砂とセメントを混ぜたもの)で固定していきます。

 


内側にも一回り小さいタイルを設置していきます。
同じようにタイル同士が重なってしまうところはカットし、モルタルで固定。


さらに平板を設置して乾燥させ、平板の上に乗っても沈まないほど固まりました!

次回はいよいよ植栽に入ります!