中央動物専門学校との連携授業(パズル造り)[ 木造建築科2年 ]

2017.12.07 [建築系学科の最新情報]

墨付け(印)方法の説明





前回、中央動物専門学校との連携授業で建築材料の木材について授業を行いました。今回はヒノキとスギを用いて木製のパズルを造ります。木造建築科2年生の学生9名が指導し、授業を行いました。

差し金を使っての墨付け

指導を受けながら加工

使い慣れない鋸に苦戦中

部材を切り分けて組み立てたら完成!

完成したパズルを持って集合写真





中央動物専門学校の学生は、普段触れることのない大工道具を使い、パズルを造る様子は、みんな興味津々で楽しそうでした。指導していた木造建築科の学生も楽しく授業を行っていました。『犬のための建築』をテーマに、連携授業を行っていきたいと思います。

木造建築科2年