卒業生パネルディスカッション[ 建築学科・建築工学科・建築設計科 ]

2018.01.29 [建築系学科の最新情報]

それぞれの分野での仕事内容を説明して頂きました

平成30年1月25日、建築業界で活躍する卒業生3名に来校していただき、これから就職活動が始まる学生達に対して、実社会での業務やリアルな業界事情などについて講演していただきました。


施工管理、意匠設計、設備設計と異なる建築分野からそれぞれの立場で現在の仕事内容や楽しさ、やりがいなどをご自身の経験を交えて、お話をして頂き、学生達はメモを取りながら真剣に耳を傾けていました。

真剣に耳を傾ける学生達

数年前までは同じ学生として中央工学校に通っていた先輩達が、社会に出て経験を積み、多くの知識や技術を増やし、活躍する姿を見て、学生達も学校での授業の重要性や課題への取り組み方を改めて考える良い機会になったのではないでしょうか。


また、今後の就職活動に向けて、重視する点や活動方法などわかりやすく説明して頂き、自分のスキルやどのような職種が向いているのかなど、自分自身と向き合うキッカケにもなったのではないかと思います。

先輩達の言葉を聞くと実感が湧いてきます

業務で忙しい中、後輩達のために時間を割いてパネルディスカッションに参加してくれた3名の卒業生からは、残りの学生生活で経験しておくべき事や就職活動に対するアドバイスもたくさんいただきました。ぜひ、就職活動に活かしてもらいたいと思います。


また、来年の春には、同じ社会人として巣立つ学生達も先輩達に負けないように、頑張って欲しいと思います。

[ 建築学科・建築工学科・建築設計科 ]