FRP実習中盤[インテリアデザイン科1A]

2018.02.06 [デザイン系学科の最新情報]

インテリアデザイン科1Aの授業「インテリアエレメント」の授業エントリー。


FRP(エフアールピー)を主材としたレリーフ作成の実習中盤のご紹介!

序盤の様子はこちら!!


さて、石膏で型を取りまして、、、、




このような形で、油土から石膏型がとりだされ、、、FRP実習の主たる作業が始まります。



できた石膏型に、離型剤をぬりぬり。。。


準備が整い、いよいよ、「いろいろな劇薬をまぜまぜぬりぬり作業+ガラスマットも添えて。。。」

(※授業ではしっかりなんの材料か教えていると思います。。)



デジタルスケールを使いながら、しっかりコンマ1桁で計量。。。


担当教員である別府先生の丁寧な説明が続く。。。。



教員からの指示通り作業を進めつつ、、、、


特殊ヘルメットと特殊マスクに妙に存在感のある耳飾りスタイルが「デザイン系らしい」のか、、、


※実習に必要のない装飾などは極力取り外すような指導をしておりますが、、、



顔を上げて周りを少し確認。。。


よし、作業を続けよう。。。



男子陣営の作業は画像の通りである。



樹脂を塗りつつも、上画像のようなガラスマットも一緒に貼り付けるように、面に合わせいく。


このガラスマットがなかなか怖い存在であり、マスクやヘルメットなどの装備を必要とする曲者である。


万が一、、、刺さる、、、、万が一、、、、体内に、、、、があってはならない。。。


十分に細心の注意を払い作業が進められる。。。



作業が終わると、レリーフの端にはケバケバしたガラスマットが吐出し、、



面全体は、茶色い灰色となっており、石膏型全体に樹脂が塗布できている。。。


その後、1週間経過後、、、脱型しますが、、、脱型作業の瞬間は撮影ができず、、、


脱型後は、、、、、


ガラスマットで毛羽だった端を丁寧に処理をして、、、いよいよ塗装・装飾作業。。。


中盤戦終了です。今年度のFRP実習の完成度はどうですかね、、、、


今後、学生の完成度への執着に期待したいところです!!