学校見学
  • タブ1ボタン
  • タブ2ボタン
  • 読み込み中 カレンダー読み込み中...
  • 読み込み中 カレンダー読み込み中...
進学相談会

実験用に練りました。

2017.11.14 [土木・測量・造園系学科の最新情報]

普段は施工用にコンクリートを練る造園デザイン科2年生が試験用にコンクリートを練りました。

今回は[スランプ試験]と[フレッシュコンクリートの空気量の圧力による試験(空気室圧力方法)]を実践しました!






練ったコンクリートを使用して、スランプ試験から。

円錐状のスランプコーンという筒にコンクリートを流し込み、25回突く!

これをコーン一杯になるまで繰り返します。


一杯になったらコーンを外してコンクリートの下がり

(崩れる量)を測定しました。

最初は実験で使うコンクリート作りからです。

決められた分量ぴったりに材料を測って

練り上げていきます。







次に[フレッシュコンクリートの空気量の圧力による試験]を行いました!

この試験はコンクリート内の空気量を調べるもので、

ワシントン式エアメーターを使い圧力の減少を空気量によって測定するものです。

文字にすると難しいですが、実際にやるとすぐに測定できました!



いつも練っているコンクリートの質を知る事が出来て、とても身になる時間を過ごせました!(^^)!