スポーツ健康学科 キャンプ実習最終日

2017.07.27 [スポーツ系学科の最新情報]

 キャンプ実習最終日です。最終日は「大自然の中、元気に遊ぼう!」をテーマに、ファイナルアクティビティと称してナンバーコールゲームなどを行いました。

 さすがは「スポーツ」の名を冠した学科に集った学生たち。体を動かすことが大好きなので、み〜んな大はしゃぎ!!

 「ナンバーコール」は、2チームに分かれ、それぞれの陣地に置かれたフラグ(今回はペットボトル)を先に奪った方が勝ち、というゲーム。ただし、おでこに貼った4桁の数字を敵チームにコールされた人はアウトとなり、フィールドから退出しなくてはなりません。おでこの数字を手で隠すのは反則ですが、味方の体を使ったり、自然に存在する障害物などに身を潜めて隠すことはOK。そのため、木に隠れたり、後ろ向きのまま敵陣に迫ったりといった作戦が重要になります。


 以下の動画は、チーム全員が後ろ向きになって敵陣に迫り、近づいたところで一斉に前を向いてペットボトルを奪いにいくというパワープレーの様子。一見、成功したかのように見えますが、キーパーを置かずに全員が攻撃に参加してしまったため、発見されないよう密かに森を迂回してきた敵チームの先兵に一瞬早くペットボトルを奪われるという見事な負け方を喫しました ┐('〜`;)┌


 さてさて、遊んでばかりもいられません。今回のキャンプ実習最大の目的は、公益社団法人日本キャンプ協会公認指導者資格となる「キャンプインストラクター」資格を取得することなのですから。

 実技科目はたーっっぷり行いました。今からテキストを使った講習会を行い、その後に筆記試験を行います。

 試験終了後、みんながお昼ご飯を食べている間に、コーチャンマン先生が必死に採点。その結果、全員が「キャンプインストラクター」資格に合格。みんな笑顔で王子駅に帰ることができました。

 ちなみに今回のキャンプ実習には、昨年同じキャンプ実習を経験している2年生が、今度は1年生を指導するリーダー役として参加しています。チャイルドスポーツコースに所属する学生は、「キャンプインストラクター」より上位の資格「キャンプディレクター2級(D2)」の取得が必須となるため、2年目には指導者の立場となってこの研修に参加しなくてはなりません。

 1年生の輪の中に入り、みんなを盛り上げつつも正しい方向へ導くという難しい役割なのですが、今年の2年生は素晴らしい活躍をしてくれました。上の集合写真にあるみんなの笑顔が、その活躍ぶりを物語っています。


 卒業後は、参加者と苦楽を共にできる立派な指導者となってくれることに期待をしたいと思います。

 なんと! この翌週には『ダイビング実習』が控えているスポーツ健康学科なのでした。厳しくとも、とても楽しい実習科目はまだまだ続きます。


< 前の記事 | ニュース一覧 | 次の記事 >