キャンパスニュース

2018.02.02 デザイン

卒業制作プレゼンテーション[インテリアデザイン科インテリアデザイン専攻3A]

デザイン系卒業制作プレゼン週間。

 

2番手「インテリアデザイン科インテリアデザイン専攻3A」です。

 

「ご清聴ありがとうございました。」スライドの無意味さ。。。。

 

そのスライド入れるぐらいならば、タイトル表紙に戻った方がまだいいのでは?と思う筆者。

 

さて、インテリアデザイン科インテリアデザイン専攻の卒業制作も、「リノベーション」・「新築」の

 

2つを選べるようになっており、取り組む学生が自分にあった内容を選択することができる。

 

さらに「雑貨デザイン」というコンテンツが加わるのが特徴である。

 

提出物は、「図面図書」「プレゼンテーションボード」「雑貨模型」「インテリア模型」と、

 

全体を通してかなりウェイトのある内容である。。。

 

前日のインテリア科2年課程と打ってかわり、3学年の卒業制作。。

 

手描きパースが最近の流行りのようで、CGパースで魅せる学生は1名いない、、、

 

そんな中、手描きパースを主軸にプレゼンしていた学生の様子が上の写真です。。。

 

人の大きさと造作部の大きさにいささか疑問が残りますが、、、、

 

模型でも自分がデザインした空間を表現していました。

 

雑貨デザインでは、自分の企画している空間にあう雑貨の提案をしていきます。

 

上の写真の学生作品は、ねこの爪とぎでしょうか、、、なかなか可愛らしいモチーフである。

 

また違うところに目をむけてみると、、、

 

謎のキャラクターが出現。

 

課題でデザインしたオリジナルのゆるキャラなのである。

 

上の写真は、オリジナルゆるキャラのオリジナルストラップの模型を作ったのであろう。

 

このゆるキャラ、、、性格「無気力」と書いてある。。。。

 

このゆるキャラをデザインした学生が無気力にならないことを祈るばかりである。

 

竹モチーフの照明をデザインした学生もおり、、、、

 

でもやっはり手描きパースが流行していて、独特な柔らかいタッチで優しいプレゼンテーションが続きます。

 

ただ、3年生ともなると、模型の見せ方がとても上手に工夫されていて、完成度が高い。。。

 

提出物一式。。。

 

インテリアデザイン科インテリアデザイン専攻の卒業制作は、

 

多岐にわたることをデザインしていることがよく見て取れる。。。

 

建築・インテリア・家具・雑貨、、、、そしてそれを3年間学ぶ学科である。

 

プレゼンテーションは終了し、ひと段落。。。

 

ここまで3年間よくやってきた学生達、、、、お疲れ様でした!