キャンパスニュース

2019.05.16 デザイン

野菜[エンターテインメント設営科2A]

 エンターテインメント設営科2年生の「舞台造作実習」のエントリー。

「舞台造作実習」では、様々な舞台大道具を作成する実習ですが、

大道具だけで空間を飾るのは、なかなかリアリティにかけてくる。。。

そんなときに「小道具」の存在が活きてきます。。

担当講師であり、美術家の吉崎先生に教えていただきながら、

「野菜」をスチロールで製作しました。  

最初から野菜を作るのではなく、まずは野菜の観察から始めます。

「かたち」を作るうえで、凹凸感や質感の観察はとても重要。

スケッチを通して「かたち」にふれていきます。

そこからスチロールを使用して、かたちづくりをしていきます。

写真手前のスチロール山に突き刺さった、スチロール造形用ナイフ。。。

切れ味の次元がハンパないので、担当講師の注意を聞きながら使用していきます。

「野菜」の本物や写真を見ながら、絵の具の調色をしていき、色付けをしていきます。

なにかと「絵」になる彼は、赤いリンゴを製作しています。。

リンゴ飴状態の柄をクルクルさせながらポーズをとってくれる姿に、心躍ります。

絵の具の乾燥を待つ、、野菜たち。

1年間、大道具パネルへの絵付けを通して、色の調色や筆の使い方などを学んだ彼ら彼女ら。本物と見間違えるほどの完成度を目指し、、、最終調整が続く。。。。