キャンパスニュース

2019.05.20 デザイン

パースの描き方を学ぶ[インテリアデザインア科1A・エンターテインメント設営科1A]

   インテリアデザイン科1Aとエンターテインメント設営科1Aの合同授業

「レンダリング」で、本格的なパースの描き方のレクチャーが始まりました。

下の画像(文字入り)をご覧ください。。。。

[P.P]・[H.L]・[G.L]・[S.P]、、、、、いったいナニモノだ?と、、、、

初めてパースを勉強する学生がほとんどですが、それにしても、、、

[S.P]って、、、あの黒スーツ系の守ってくれる感じのかしら?

よーーーくみると、[S.P]って十字の印のところから放射状に線でてるし、、、

アッ真っ直ぐ上には、薄っすら[V.P]って書いてあるけど、、

[VIP]の間違いなのでは???と説明を受けないとさっぱりわからない世界、、、

それが【図法】の世界。。。

そんな【図法】ワールドを教員が先導をしていきます。

とりあえず、学んだ内容を少しづつ、自分のプリントで練習をしていきます。 ちょっと聞き逃しちゃったところも、隣のナイスガイがサポートしてくれます。

5月下旬に差し掛かると、、クラスメイトとも仲良くなり、いろんな人とお話ができるようになり、ちょっとした質問や疑問もすぐに解消することが出来ます。

なんとか描き方の通りに描くことができた、、、、

しっかり自分で、自分が描いた図を確認していきます。

先生の手元は天井カメラで写っているので、

前のモニターを確認しながら作業することができるからか、、、

真剣な眼差しで、手元が狂わないように準備しつつ、前のモニターチェック。。

【図法】の世界は、ルールへの慣れが大切。まずはルールを徹底的に身体に叩き込みます。

 

今後の彼ら彼女らのパースに期待です。