キャンパスニュース

2019.06.18 デザイン

14号館の学生も学生レストランに行く[デザイン系学科]

中央工学校デザイン系学科とは、

・インテリアデザイン科(3年制)

・インテリア(2年制)※H31募集停止、現在2年生のみ

・エンターテインメント設営科(2年制)

の3学科ことをいい、中央工学校14号館で学んでいます。

毎朝、音無親水公園の美しさを感じ、いい気分になりながら登校している。

そんな「離れ号館」の学生たちも昼休み新校舎まで足を運び、「学生レストラン」を使用しています。

   

「学生レストラン」は3号館の1階にあります。

券売機周辺には、まるで絵画が入るような額に、「週替わり丼」のフライヤーが掲示されています。

中央工学校は男子学生が多いため、「丼」への愛はハンパないことがうかがえる。。。

さて、券売機まで進みます。ICカード対応型という時代性を感じる券売機に感動。

さらに黒い画面には、メニューが表示され、食べたいメニューをタッチできるシステム。

今後、メニューボタンの大小など汎用性が高そう~。

入り口から入ります。写真撮影時は、準備中でした。。。

券売機で注文すると、上の写真にある液晶モニターに番号が表示され、食事が完成したタイミングでアナウンスされるナイスシステム。なので、食券買ったら、先に座席を確保ことができるのもナイス。

お馴染みの4人席や、窓辺はキャンパスプラザを眺めながら食事ができるカウンター席。。

大人数まとまって食事のできるエリアもあります。クラスメイトと楽しい時間がすごせそう。。

 

さて、インテリアデザイン科であれば、この学生レストランで使用されている椅子の名前がわかるはず。

北欧の雄アルネ・ヤコブセン様がデザインなされた「〇ブンチェア」ですね。

そんなところも注目してほしい。。。。