キャンパスニュース

2019.06.22 土木測量

軽井沢研修に行ってきました!~2019~

中央工学校が軽井沢に所有する施設、軽井沢研修所での1年生を対象としたマナー研修が、4月から各科実施されております…!
土木測量造園系では、造園デザイン科1年生と土木測量科(夜間)が研修を終えて来ました。

今回は造園デザイン科1年生の研修風景をご紹介します!


軽井沢研修所で行うマナー研修とはその名の通り、「挨拶をする・集団行動・積極的に行動する」等、日常でも大切な礼儀を学ぶ研修です。
研修所に着いたらまずはその練習…!
(写真はお辞儀の練習風景)


お世話になる研修所への奉仕活動も行います。


大量!!!


※奉仕活動は真面目にやりました!


夜は学生持ち寄り企画のビンゴ大会を行いました。
素敵な笑顔(´艸`)

 


翌日は施設見学から始まりました。
研修所内には歴代の造園デザイン科の学生が造り上げた竹垣や石積み等の作品がたくさん!
彼らも今年の9月に行う造園実習に参加します。
勉強も兼ねて見学です!


写真の園路は一般のお客様も利用する場所です。
ここも過去の造園デザイン科の学生が施工しました。

誰もが歩きやすくするには?
綺麗だなって思ってもらうには?
皆で考えながら施工しました。

そこで考え出した結果は、利用するお客様への「おもてなし」へと繋がったのではないでしょうか。


1年生からは
「え?ここのエリア全部先輩たちが造ったの」
「すげえ!」
「俺こんなの造れる気がしないわ…。」
なんて声があがることも。

先輩たち、ドヤ顔してあげてください。(笑)


※見学も真面目に行いました!


研修所には様々な施設があります。
その内の一つが茶室。
茶庭の造りや茶室からの眺め等、実物を見て学びます。


その後、茶道を体験しました。
作法を学び学生同士でお茶を点(た)て合います。
苦くて飲めない学生が多いかと思いきや、
「もう一杯飲みたい(●´∀`●)」
という声が多く聞こえました。
和菓子の甘さとお茶のほろ苦さが心地良かったようです…!

茶道はただお茶を飲むだけではありません。
気遣いの心、茶碗などの伝統工芸品、季節の移ろいを感じる生け花や茶庭の景色…。
お茶をいただく過程で、豊かな感性が育まれる、とても奥が深いものです…。
短い時間でしたが、貴重な経験をすることができました。

 

「挨拶をする・集団行動・積極的に行動する」ことの大切さだけでなく、「相手を気遣う心」も学ぶことができたのではないかと思います。

入学してから早2か月。
研修も終了し、クラスメイトの仲も深まってきたように感じます。
まだまだイベントはたくさん!
学校生活をしていく上で様々なことを経験&失敗し、卒業する頃には「めっちゃ濃い2年間だった!」
「このクラスで良かった!」と思ってもらえたら何よりです…。
これからの学校生活が有意義なものなりますように!