キャンパスニュース

2019.08.07 クラブ

中央工学校陸上競技部 パラアスリートと合同練習

夏休みに入り暑い日が続いてますが、中央工学校陸上競技部は元気に活動しております。今回はパラ陸上の走り幅跳びで、日本記録保持者の選手達と合同で練習をおこないました。赤いTシャツの女子選手は、視覚障害のT12クラスで、女子走り幅跳びにおいて5m70の記録を持つ澤田選手。隣にいる選手も、同じクラスの男子走り幅跳びで6m60の記録を持つ山路選手です。澤田選手は現在世界ランキング5位(昨年度は1位)。山路選手は現在世界ランキング8位というトップアスリートです。二人とも来年におこなわれる東京2020パラリンピックで金メダルを目指しています。

中央工学校陸上競技部の部員達も、とても貴重な体験ができ、また刺激を受けて練習をしていました。10月には全国専門学校対抗陸上競技大会がおこなわれます。入賞、自己新記録に向けて頑張っていきます。