キャンパスニュース

2019.10.10 デザイン

荒木取り[ファニチュアデザイン専攻3年生]

インテリアデザイン科ファニチュアデザイン専攻3年生「卒業制作」のエントリ。

ファニチュアデザイン専攻3年生の卒業制作では「オリジナル椅子の製作」をおこないます。

必要な部材に切り分けた材料。ここからさらに必要な形へと加工を進めていきます。

が、、、、細かな材料加工の為、危険が伴う。そんな作業の時は、講師や教員とともに、安全に作業を進めます。

部材1つ1つの切り出しにも、その材料の「特性」や「木の目」を確認しながら、学生が加工する際に危険の無いように、、

とにかく危険の無いように、、、、すべての作業に、講師や教員の目が光ります。。

とにかく危険と隣り合わせの作業。就職の内定もいただいてる学生も多くいる中、卒業前に大けがをしたら大変なことです。

徹底的に管理された環境の中、安全に椅子製作を進めてほしい。

荒木取りが終わると、さらに細かな加工が続きます。曲げ加工や削り作業、ホゾ加工など、、今後はどんな作業があるのか、できる限りご紹介していこうと思います。

今後も彼ら彼女らが安全に作業してくれることを祈るばかりです。