キャンパスニュース

2019.11.12 デザイン

余った材料を使って[ファニチュアデザイン専攻3年生]

インテリアデザイン科ファニチュアデザイン専攻3年生「家具加工・材料」のエントリ。

ファニチュアデザイン専攻では、卒業制作として椅子製作をしています。

椅子製作で大方の材料の切り出しが終わり、現在は部材それぞれの細かな加工が始まっており、

 

椅子製作のために発注した椅子の材料が余っています。そんな木っ端を利用して、、、

ティッシュケースの製作がスタートしています。現在は、ティッシュケースの材料取り。

細かな部材も、講師と一緒に図面を確認しながら加工を進めます。

3年生ともなると、少しづつ木工加工機械の使い方も慣れてきますが、

1つ1つの作業は丁寧に作業をさせています。

どんなティッシュケースがでてくるか、、、今後の彼ら彼女らの完成度の高い作業に期待です。