キャンパスニュース

2019.11.18 クラブ

中央工学校 陸上競技部 シーズンラスト記録会

中央工学校陸上競技部は11月16日(土)・17日(日)と二日間で開催された、第15回越谷カップ陸上競技記録会に参加してきました。1日目は11月とは思えないほど暖かく風もないコンディションでしたが、2日目は強風が吹き荒れてしまい、短距離種目にとっては厳しい条件で走る事になりました。

こちらの写真は建築学科2年生の浅田君です。初めて円盤投げに挑戦しました。これからの冬期練習で回転をマスターし、次年度は砲丸投げと円盤投げで全国専門学校対抗陸上競技大会の入賞を目指します。

こちらの写真は200mと400mに出場した建築設計科2年生の花野井君です。この記録会が引退試合で練習にも気合が入っておりました。

写真中央は200mに出場した国際コミュニケーション科2年生の耿君です。彼もこの記録会で引退となりますが、練習の無い日にもトレーニングに励んでいて、パワーあふれる走りをしておりました。

こちらの写真は建築学科1年生の阿部君です。シーズンベスト記録を出しました。100mも出場しましたが、4メーター以上の向かい風に阻まれ記録更新とはなりませんでした。

こちらの写真は建築設計科1年生の堀米君です。100mと走り幅跳びに出場しましたが、直前まで実習があり、上手く調整練習ができず自己記録更新とはなりませんでした。

先頭を走っているのは建築学科1年生の舛谷君です。800mと1500mに出場しました。1500mでシーズンベスト記録を出しました。

こちらの写真は4×100mRの1走と2走のバトンの様子です。前回の大会はオーバーゾーンで失格となりましたが、上手くバトンがつながり、記録を残すことができました。

2年制学科の2名がこの記録会が最後で引退となりました。2年間という短い期間でしたが、最後までやり続けとてもまじめに練習に取り組んでくれました。自己の記録を伸ばすためには自分に厳しく、節制していかなければなりません。それを実践してくれました。この経験が社会人になった時に必ず役に立ちます。本当に良く頑張りました。

これからシーズンオフとなり冬期練習に入っていきますが、定期的に練習をおこない、来年度に向けて頑張っていきたいと思います。