キャンパスニュース

2019.12.09 土木測量

測量って楽しい!

中央工学校土木測量系の出張授業として、千葉県野田市にある関宿小学校にて平板測量の指導を行ってきました。

平板測量とは、三脚に平板を設置し、距離と方向を測ることで地図(正確には地形図と言います)を作成する測量です。


授業を体験したのは、6年生の生徒たち約30名。

とても元気で、積極的に取り組んでくれました^^


そして観測を行うのは、校内にある「ビオトープ」エリア。池や水路があり、図面にするにはもってこいの地形です。

 


早速、5班に分かれて授業開始!

すると、測量の方法をちょっと教えただけですぐに理解し、どんどん観測を進めていくので指導にも熱が入りました。


各班とも、チームワーク良く声を掛け合い、約1時間で測量器を中心に50m程度の範囲を観測しました。


時には茂みをかき分けて観測することも。
でも、みんな物ともせず真剣でした^^

 

授業中、「測量って楽しい!」と言ってくれた生徒がいました。
皆さんが体験したのは、測量のほんの一部分だけですが、「楽しい」と思ってくれた事を嬉しく思いますし、
その気持ちを将来に繋げてもらえれば幸いです。

みんなの未来は無限大!
これからも楽しいと思えることをいっぱい体験してください^^/

 

ちなみに、5班に分かれて作成した図面を一つにまとめてみました。
ビオトープの地形がよく分かる、非常に良い精度での観測だと思います。