キャンパスニュース

2020.03.15 クラブ

卒業生送別会及び中央拳士会(中央工学校空手道部OB会)との合同稽古 令和2年3月15日(日) 【空手道部】

 椎名師範、谷中監督指導のもと、空手道部学生と中央拳士会(中央工学校空手道部OB会)と合同稽古を行い、今回は卒業学年の送別の意味も含めた稽古となりました。基本稽古からはじまり、移動稽古、少林ジオンの形、平安五段の稽古の後、難度の高い沖縄少林流の形を教わりました。また、現役の学生は自由組手の稽古を行い、その後建築工学科3年の薄俊一郎が昇段審査にチャレンジし、見事に黒帯(初段)を取得しました。稽古後は、場所をあらため送別会を行いました。卒業してからも、自分達が教わったことを後輩に伝えるべく中央拳士会の先輩として中央工学校の後輩の指導をすることを誓ってくれました。
 中央工学校空手道部 卒業おめでとうございます。
 特筆すべきこととして、中央拳士会のOB・OGの御子息2名が本校を卒業することになりました。