新着情報

2019.04.15

授業が始まりました。

新学期を迎え、また学生たちの賑わいが校舎に戻ってきました。いよいよ授業の始まりです。

今年の3月に新校舎が完成しましたが、教室はピカピカでもどこかさびしい感じが漂っていました。今日から新たな息吹が吹き込まれることにより、ようやく校舎から『学校』へと成長します。

中央工学校が誇る新設の建築設備実習室(呼称:Facility Studio)では、建築設備設計科の『設備設計製図』という授業が始まりました。授業を担当する先生方のアイデアをふんだんに盛り込んだ実習室に、学生たちも感嘆の声を上げています。

  

 

 

卒業までの年月を大事に過ごし、しっかり技術を学びとってほしいと願うばかりです。