新着情報

2019.06.24

保護者軽井沢合宿研修所見学会を開催しました。

 6月22日(土)、6月23日(日)の両日、保護者軽井沢合宿研修所見学会を中央動物専門学校と合同で開催しました。2日間で36組76名の保護者の皆様に参加していただき、軽井沢の涼しい気候の中で有意義な見学会を行うことができました。

 江戸時代後期に建てられた古民家を移築保存した国登録有形文化財「三五荘(さんごそう)」をはじめ、深三畳台目の茶室を復元した「小間(こま)」や茶苑「南暁(なんぎょう)」、能舞台を設けた「千ケ滝(せんがたき)」、多彩な作品を収蔵している「南ヶ丘美術館」、学生が研修時に宿泊する研修棟などを見学していただいた他、お茶室「立礼席(りゅうれいせき)」では、お茶会も体験していただきました。

 学生の研修中のエピソードなどを交えながらの施設説明を聞き、参加された方々の表情にも笑みがこぼれておりました。

 保護者の皆様からは、 「1つ1つに意味があり、全てが教材となっている」 「日本のワビ、サビと奥深さ、繊細さが感じられる」などのご感想をいただきました。

「三五荘」の見学

百畳敷きの大広間「千ヶ滝」と「能舞台」の見学

 茶庭の見学

「立礼席」での茶会体験

 研修施設の詳細は、「キャンパスライフ/施設・設備」をご覧ください。学生は、この施設を利用した2泊3日の研修を通じて、団体生活による社会人のマナーや仲間との共同作業の大切さ・面白さを実体験していきます。