新着情報

2019.09.28

香港からの視察団が本校を見学されました。

令和元年9月24日(火)に香港特別行政区政府の法定機構である香港職業訓練局から8名の視察団が本校を見学されました。

視察の目的は日本における建設・建築業の専門人材教育および人材開発戦略や建設・建築業界の最新技術発展とその実践について視察、意見交換をするプログラムです。
特に今回は4月に完成しました新校舎のスタジオ(実習室)をメインに視察をされました。

 

・本校、堀口理事長、松田校長を囲み集合写真。

 

・Facility Studio(建築設備実習室)では日本の集合住宅における設備配管方式など実物を見て確認できるシステムに感動されていました。

 

・Work Studio(総合実習室)では集成材(ハイブリット梁)を使用した傾斜天井の大空間に驚きを隠せない様子でした。ここでは雨天時でも夜間でも測量の実習ができます。

 

・Design Studio(体験型学習室)では各種仕上げ材料のサンプルを手に取り、見て触れる教材に感激されていました。

 

・Teacher’s Studio(建築系教員室)の整然とした空間では、カフェと見間違える委員の方も居ました。

 

・木造技能実習室では木造に特化した学科がある事や、手作業による細かい加工に関心が寄せられました。

 

・歴史館では学生が制作した軽井沢研修所内にある数寄屋造りの茶室模型に興味津々。

質疑応答では予定時間を超え、活発な意見交換が出来ました。
この後は、国土交通省、都内の工業系大学、スーパーゼネコンなどを廻り研修を重ねて日本の実務教育に関して知識を深め、帰国される予定です。
数ある工業系の専門学校から本校を選び視察頂いた事に感謝いたします。