写真

松田 正之

中央工学校 校長
  • 全国工業専門学校協会 副会長
  •                                
  • 全国専門学校建築教育連絡協議会 会長
  • 一般財団法人中央工学校
    生涯学習センター 理事長
  • 建築設計科(1978年卒業)
  • 一級建築士
  • 1級建築施工管理技士
2024/05/27
「。」
パワハラ、セクハラ、モラハラ、マタハラ・・・。
もちろん多様なハラスメントには十分配慮し、注意を怠ってはなりません。
しかし先日ネットニュースで、「。」(マルハラ)というものを知りました。
LINEなどの短文で「了解しました。」この文末の句点「。」に若者が威圧を感じることを「マルハラ」と呼ぶそうです。
相手の顔の見えないSNSが会話の主となる若者たちに「。」が奇異に映り、敬遠されているようです。
しかし友達同士の気楽な会話ならいざ知らず、ビジネス伝達の手段としてメールやLINEを使用する場合、そこまで気を遣うのはいかがなものでしょうか?
私は普通(頻繁)に「わかりました。」「お願いします。」を使用していますが・・・。
時代はどんどん変わっていきますね。

(校長ブログ:NO327)

イメージ
写真
中央工学校 校長

松田 正之

  • 全国工業専門学校協会 副会長
  • 全国専門学校建築教育連絡協議会 会長
  • 一般財団法人中央工学校
    生涯学習センター 理事長
  • 建築設計科(1978年卒業)
  • 一級建築士
  • 1級建築施工管理技士