Scroll

開催趣旨

中央工学校では2006年から高校生を対象に、住宅をテーマとしたコンペティションを実施しています。設計を通じて建築の魅力や素晴らしさを再認識し、将来の建設業界を支える人材育成の一助となることを期待しています。
本校は軽井沢町に研修施設「軽井沢南ヶ丘倶楽部」を有しており、合宿研修を通じて「人間涵養教育」に取組んでおります。自然と伝統文化にふれ、社会性豊かな技術者の育成を目指しています。
高校生対象コンペティションでは、軽井沢町に建つ様々な住宅の提案を募集しています。審査委員長に著名建築家をお招きし、お預かりした提出作品を審査・表彰させていただきます。また、提出された全ての生徒の皆さんへ講評文をお送りいたします。今後の学習に生かしていただけることを願っています。
生徒の皆さんの、夢のある住宅の提案を楽しみにお待ちしております。

2020年度募集作品

第 15 回 高校生対象コンペティション

議題要項

アートと暮らす軽井沢の家

スケジュール

  • 2020年11月27日(金)エントリー締め切り
  • 2021年03月05日(金)作品提出締め切り(消印有効)
  • 2021年04月06日(火)審査結果発表(予定)
  • 2021年06月26日(土)審査経過説明会および作品展示会(予定)

※当コンペの経過は、HP にて発表いたします。
また、スケジュール等に変更がある場合は、HP にてご連絡いたします

審査委員長

手塚 由比(建築家)

<略歴>
1969年 神奈川生まれ
1992年 武蔵工業大学卒業
1992~1993年 ロンドン大学バートレット校(ロン・ヘロンに師事)
1994年 手塚建築企画を手塚貴晴と共同設立
    (手塚建築研究所に改称,97.07)
1999年~ 東洋大学非常勤講師
2001年~ 東海大学非常勤講師

<主な受賞歴>
日本建築学会賞(作品)(2008年 ふじようちえん)
日本建築家協会賞(2008年 ふじようちえん)
グッドデザイン金賞(1997年 副島病院)(2013年 あさひ幼稚園)
学校施設好事例集(第4版)最優秀賞、OECD/CELE(2011年 ふじようちえん)
日本建築家協会 優秀建築賞(2015年 空の森クリニック)
Global Award for Sustainable Architecture 2017, UNESCO
Moriyama RAIC International Prize 2017 (Fuji Kindergarten), Royal Architectural Institute of Canada (RAIC)
BCS賞(2018年 空の森クリニック)
World Architecture Festival 2018, School Completed Buildings Winner (むく保育園)


課題要項

PDF:2MB

作品提出用シート

Excel形式

作品張り付け用紙

Excel形式