建築設備設計科
2年制/昼間

職業実践専門課程

学科の特徴 就職で差をつける! 専門の知識や技術を、実験・実習で体験しながらすべて習得。

  • 建築と設備を
    トータルに学習

  • 実務に精通した
    設備の専門スキルを習得

  • 資格取得、就職に強い
    実践的な指導

学生VOICE

鈴木さん

建築に強い。就職に強い。資格取得率が高い。専門分野の先生に学べる中央工学校に決めました!


製図力や建築の知識や技術はもちろんですが、社会人としての常識も学ぶことができます。中央工学校で学んだことや経験を積んで将来は独立したいです。

鈴木さん 2019年入学
茨城県立伊奈高等学校 出身

中脇さん

家業を継ぐために、設備から建築までトータルで学べる中央工学校を選びました。


建築設備を専門的に学びながら知識・技術を確実に習得しています。仕事をするうえでの人間関係の大切さも実感し、より多くの方と仕事ができるよう努力します。

中脇さん 2019年入学
(東京)私立東亜学園高等学校 出身

目指す仕事/資格

  • 学内進学

    建築工学科への編入学が可能
    (3年次編入)。

  • 1 級管工事
    施工管理技士

    卒業後、実務5 年で受験資格取得

  • 空気調和・
    衛生工学会設備士

    卒業後、実務1 年で受験資格取得

  • 建築設備士

    卒業後、実務4 年で受験資格取得

目標の資格

在学中
2 級管工事施工管理技術検定(学科のみ)/消防設備士(甲種)/車両系建設機械(整地用等)運転技能講習 など
卒業後
建築設備士/ 1 級・2 級管工事施工管理技士/空気調和・衛生工学会設備士/一級・二級建築士/設備設計一級建築士 など

卒業後の仕事

空気調和設備・給排水衛生設備の設計・施工 など

2019年度求人実績

2019年度求人実績

カリキュラム 完全就職と現場の雰囲気が体感できる2年間

1年次建築の基本と建築設備の基礎を総合的に学ぶ

  • 建築のわかる設備技術者育成。
  • はじめての学生にもわかりやすいカリキュラム。
  • 社会で即戦力となるための基礎知識力アップ。
  • 設備設計製図

    設備設計製図

  • 建築設計製図

    建築設計製図

2年次選択科目で目的別にハイレベルにスキルアップ

  • 体験実習を通して確かな力を身につける。
  • 本物の現場さながらの施工体験。
  • 徹底的な管工事施工管理技術検定取得対策。
  • 放水体験

    放水体験

  • 建築環境測定(風速測定)

    建築環境測定(風速測定)

建物のライフライン 給排水・空調 の分野をマスター

時間割

1年後期 時間割例(1時限:50分) ※12:00~13:10は昼休み

    MON TUE WED THU FRI
1 9:10-12:00 設備設計製図 建築一般構造 建築設計製図 建築法規 設備設計製図
2
3 数学 建築計画
4 昼休み
5 13:10-16:00 設備設計製図 数学 建築設計製図 建築計画 設備設計製図
6 環境工学 構造力学
7 ビジネスマナー

2年後期 時間割例(1時限:50分) ※12:00~13:10は昼休み

    MON TUE WED THU FRI
1 9:10-12:00 卒業設計 卒業設計 設備施工図 建築環境測定 卒業設計
2
3
4 昼休み
5 13:10-16:00 設備施工管理 卒業設計 卒業設計 建築環境測定 卒業設計
6 設備材料積算
7 建築積算