入学希望者・保護者の方へ

中央工学校は1909(明治42)年に創立し、2019年に創立110周年を迎えました。明治維新によって欧米からもたらされた工業技術を明治・大正・昭和・平成の4つの時代を通じて高め広め、我が国を世界トップレベルの工業国に導くと共に、常に新時代のスペシャリストを育成する「実務教育」に励み、時代の若者に人生の誇りと満足を与え続けています。
中央工学校は、校歴113年を数える教育実績と11万人を超える卒業生の社会での信頼と活躍による就職に強い伝統校としてあらゆる面から学生を応援します。

卒業生・在学生の親子の声

お父さん・お母さん・お兄さんが中央工学校の卒業生!中央工学校の教育を家庭で受け継ぐ絆!

小泉さん親子

小泉 さん(母)
女子建築設計科
(1990年卒業)

■学校時代の思い出
いろいろな所から集まった仲間や丁寧に指導してくださる先生方のもと、課題があり大変ではありましたが友人と楽しく学びました。私は遠距離通学をしていましたが、途中まで一緒に通った友人との通学も良い思い出です。

■娘さんへのメッセージ
短い学生生活の中で今しかできないことを自分で考え、3年間を大切に過ごしてもらいたいです。

■中央工学校へメッセージ
娘から学校の様子を聞かせてもらっていますが、私が通っていた当時のように、熱心にご指導いただき感謝しております。建築業界では慢性的な人手不足が続いていますが、これからも社会貢献できる人材の育成を期待しております。


小泉 さん
千葉県立千葉商業高等学校 出身
建築工学科
(2020年入学)中央工学校在学中

設備が整っている環境で、建築を専門的に学び家業を継ぐために必要なスキルを身につけようと思い、母の母校でもある中央工学校に入学しました。
卒業後は、お客様の想像しているモノを超えた提案ができるリフォーム屋になりたいです!


鳥潟さん兄弟

鳥潟 さん(兄)
土木建設科
(2020年卒業)

■学校時代の思い出
毎日の勉強は大変でしたが、他県からの友達も多くでき、とても充実した楽しい学生生活でした。いろいろな経験ができたことは、現在の自信に繋がっていると思います。

■弟さんへのメッセージ
コロナ禍で学校に通えない日も多く、オンライン授業などさまざまな制限があり、大変だと思うが自分が将来どうなりたいか見据えて、日々の学校生活を送って欲しいです。

■中央工学校へメッセージ
設備が整っている環境で、実践的な実習が多く社会に出てからの即戦力となる学びができて素晴らしいと思います。今後も多くの技術者を育成していって欲しいです。


鳥潟 さん
秋田県立大館桂桜高等学校 出身
建築設計科
(2021年入学)中央工学校在学中

将来、建設業に就き今まで支えてくれた家族に恩返しをしたいと思っています。
そのためにも、一級建築士の資格取得を目標に専門知識や技術を習得しています。
建設業界を盛り上げていけるような人材になれるよう日々努力していきます。

卒業生・在学生の親子・兄弟姉妹の入学への優遇制度

学校法人中央工学校(グループ校)卒業生の子供や孫、あるいは卒業生・在校生の兄弟や姉妹の入学者は入学金が減免されます。
(対象の方は出願前に学校へ申し出てください。別紙、申請書を提出してください。)
※他の入学金減免制度との併用はできません。

  • 昼間・・・100,000円 減免
  • 夜間・・・60,000円 減免

就職サポートシステム

校歴113年を数える教育実績と11万人を超える卒業生とのパイプ、クラス担任・就職指導専門スタッフで万全の就職指導を実施しています。

就職指導

受験方法・学費・奨学金制度

詳しい選考日や学費、奨学金制度の応募資格などは、募集要項をご覧ください。

募集要項