新着情報

2020.10.20

中央工学校の入試の様子(初公開!)

 中央工学校では面接試験をとても重要視しています。そのため、面接試験の実施に際してしっかりとした感染症対策を行なっています。

 中央工学校は学生の受け入れ方針(アドミッション・ポリシー)を「自らの技術により自立を志す者」 「協調性をもち人とのかかわりを大切にする者」と定めているため、筆記試験の点数だけではなく、面接試験での人物評価も重要視します。そのため、面接試験の安全な実施が必要不可欠なのです。

 面接試験や筆記試験で来校される受験生は、入口の自動検温器でマスク着用と体温を確認し、その後窓口に進み受験票確認と併せて、口頭での確認と記録を行っています。続いて、アルコール製剤で手指の消毒を行っていただいてから、控え室に入って待機していただきます。控え室での待機人数は教室収容人員の半分程度とし、ソーシャルディスタンスもしっかり保った座席配置とした上で、教室の窓を開けて十分な換気を行っています。

 

 透明なので写真ではわかりにくいのですが、上で紹介している受付はもちろん、面接卓にも飛沫防止用のパーティションをしっかり設置して、どうしても近距離で話をしなければならない面接試験にきちんと備えています。
 なお、入試に携わるスタッフは全員、当日の朝に検温をして体調のチェックを行っていますが、中央工学校では普段の日でも朝の出勤時に職員の検温を実施しているため、当日だけでなく継続的な監視体制も整えています。

 ちなみに、ここで使われているパーティションは、インテリアデザイン科やエンターテインメント設営科を擁するデザイン系学科によるお手製です。日本がまだマスクやトイレットペーパーの奪い合いになっていて、既製品の入手が困難だった時期にいち早く材料だけを確保し、「なければ作ってしまえばいい!」とばかりに授業開始に向けて作り上げたオリジナル作品です。
 たかがこの程度の工作などと侮るなかれ。全クラスの人数分を正確に加工していく技術力と、授業開始までのわずかな期間で作り上げたその手早さ、そしてなんとしてでも授業を安全に開始させようと必死で取り組んだその熱意は『ものづくりの学校のプライド』そのものなのですから。
(授業開始当初の様子はこちらのページをご覧ください。)

飛沫ガードを使った授業風景

 入試でご来校される方は、受験票に書かれた注意事項をよく読んでいただくか、事前に以下のページ「入学試験で来校される方へ 」をご確認の上、気をつけてお越しください。